rss ログイン
支部便り  >  災害対策委員  >  非常通信ボランティア登録制度の廃止について
非常通信ボランティア

非常通信ボランティア登録制度の廃止について

 
平成23年度第2回JARL理事会において,非常通信ボランティア登録制度の廃止が決まっております。
万一の災害時は「JARL Web やツイッター等で呼びかけて対応していく方法に改める」となっています。
なお,非常通信ボランティア名簿は個人情報を含んでおりますので,災害対策委員会で責任を持って廃棄しております。これまでのご協力に感謝いたします。
JARLメールマガジンにも掲載されましたし,JARLホームページにも掲載されておりますが,以下に抜粋を示します。
 
第2回理事会報告(抜粋)
・開催日時 平成23 年11 月26 日(土) 15:55~19:36
・11 月27 日(日) 09:25~14:40
・開催場所 当連盟 3 階会議室
 
<協議事項>
 
4.非常通信ボランティア登録制度の廃止について
非常通信ボランティアの登録制度は、きめ細かいフォローができていない状況がある。
東日本大震災時にはボランティア登録者に連絡をとる余裕もなく、付近の方々に呼びかけて、現場に即した対応が主となっていた。
阪神淡路大震災の時、実際に携わった方が検討してできた制度であるが、その後この機能が生かせていない状況であり、今後の取扱いとしても緊急時に名簿を用いて対応することは困難な状況であると、現登録制度の状況が説明された。
これを協議の結果、このボランティア登録制度は一定の役割を終えたものとし、万一の災害時はJARL Web やツイッター等で呼びかけて対応していく方法に改めることとし、非常通信ボランティア登録制度を廃止すると共に、非常通信要領を改訂していくことを全会一致で了承した。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:35 平均点:5.43
前
総合防災訓練の様子(1997~)
カテゴリートップ
災害対策委員


Copyright © 2001-2016 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 秋田県支部 All right reserved.